ブロックチェーンの凄さってなに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロックチェーンの凄さってなに?

ブロックチェーンとは、分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術をいいます。

【分散型のシステム】とは
世界中に点在するパソコンにデータを置くことで(1つの場所にデータを置かないようにして)破壊することができないネットワークを作る技術です。 この分散型のネットワークで認証システムを利用すれば、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができます。


もし分散型システムを止めようとしたら、地球全体が壊滅されるか・全世界のコンピューターなど同時にすべてを破壊しなければなりません。

なぜ同時にすべてを破壊しなければならないのかというと、「ブロックチェーン」はデータを保持する全てのパソコンを壊さなければ、複製しながら復活することができるからです。
ブロックチェーン誕生以前は、全ての取引(トランザクション)はVISA,PayPalや銀行などの第三者機関を通して行わなければなりませんでした。

ブロックチェーン誕生以前は、第三者機関が中央集権として絶対的な力を持っていました。これらの第三者機関が「この取引(トランザクション)は有効です。正しい」と言えばそれが正解く、確認のしようも否定のしようもなかったのです。


この「中央集権の絶対的な権力」がブロックチェーンの誕生により崩壊したのです。
ブロックチェーンを使えば第三者機関を通さずにして取引(トランザクション)のコンセンサス(合意)を得ることができるようになりました。つまり、買い手と売り手が直接取引することが可能となったのです。
——————————————-

ビットコインのブロックチェーンでは数字を管理しているので、「通貨」として利用することができます。

私たちの身近なもので例えると「通帳」にあたる【帳簿】がブロックチェーンでは全世界に向けて公開されているので、人それぞれのウォレットにはいくら入っているのか(正確にはいくら使うことができるのか)が分かるようになっています。

※ビックリしますね^^;

このように取引がすべてオープンになっているのでブロックチェーンを騙すことは基本的にはできません。

ビットコインウォレットの残高が1000BTCしかないのに、
「私のウォレットには10000BTCがある!」と嘘をついたとしても、
その人のウォレット残高はすべてブロックチェーンに記録されているので
10000BTCも残高がないことはみんなに分かってしまうのです。


もちろん10000BTCの決済をしようとしても、自分のビットコインウォレットの残高以上の暗号通貨を使おうとした時点でそのトランザクション(取引)は拒否されます。

また、全取引履歴のデータが世界中に散らばっていて、皆でシステムを監視しあっているため、特定の人によるシステムのハッキングを防止することができるのです。
このように皆で構築するネットワークがブロックチェーン・テクノロジーであり、この仕組みが世界を変えてしまう革命的な技術なのです。

ブロックチェーンを使えば、一部の力を持った者に支配されることなく、また高い手数料を支払うことなく、世界中の人と自由に支払い取引をすることが可能になるのです。

スポンサーリンク
アドセンス 336×280
アドセンス 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス 336×280