ビットコインの特徴①:中央銀行が存在しない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインの特徴①:中央銀行が存在しない

ビットコインの最も大きな特徴として、発行や管理をしている政府や中央銀行が存在しないことが挙げられます。中央で管理する団体が存在しないため、decentralized currency(分散通貨)とも呼ばれています。

中央機関が不在のため、あなたがコントロールするウォレットにビットコインを入れておけば、従来型の銀行のようにテキトーな理由で口座が凍結されたり、差し押さえたり、ある日突然ベイルインしてあなたのお金が使われてしまうようなリスクがありません。

しかし、逆から言うと、ビットコインの価値を担保してくれる機関が存在しないので、ビットコインの価値が暴落したり、ゼロになってしまった場合でもその損失は誰も担保してくれません。

つまり、ビットコインに移行することは従来型のお金への考え方を捨て、新しいパラダイムに移行することを意味します。

「これからは自分で自分の銀行になり、自分の資産は自分で守ります!」と宣言することなのです。

スポンサーリンク
アドセンス 336×280
アドセンス 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス 336×280