2018年2月28日ビットコインのハードフォーク最新情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインがまたハードフォークするという情報がでましたね!今回ハードフォークによって誕生するのはビットコインプライベート(BTCP)です。

ビットコインプライベート(BTCP)は、BTCとZclassicの2つの仮想通貨からハードフォークするという少し珍しい形により誕生します。匿名性に重点を置いたBitocoinというコンセプトであり、Zclassicの機能をbitcoinの元帳(公開ブロックチェーン)に組み合わせるという面白い試みです。

ハードフォークはいつ行われるか?

Bitcoin PrivateのSnapshot発生日が2018年2月28日に決定との発表がありました。実際のフォークの日付は2日後の2018年3月2日です。

Bitcoin Private(BTCP)基本情報

Bitcoin Privateの基礎情報
正式名称: Bitcoin Private(ビットコインプライベート)
シンボル: BTCP
供給量: 2100万枚
ブロック生成: 2.5分
ブロックサイズ: 2MB
マイニング: PoW(プルーフオブワークス)/EQUIHASH(GPU)
ハードフォーク(データ移行): 2018年2月28日スナップショット
ハードフォーク(実装): 2018年3月2日を予定
公式サイト: https://btcprivate.org/?lang=ja
ホワイトペーパー: 無し
公式Twitter: https://twitter.com/bitcoinprivate

※BlockMason Credit Protocol (BCPT)ではありません

公式Twitterでも、他のビットコインとの比較図を発信しています。

ビットコインプライベートの特徴

Bitcoin Privateの最大の特徴は他通貨との合体コイン
ビットコインプライベートは、ビットコインとジークラシック(Zclassic/ZCL)の2つの通貨から同時に分岐し、1本のチェーンにつながる予定のコインです。

双方の特徴を引き継いでおり、お互いの欠如している点をカバーする予定のようです。

ちなみに ジークラシック(Zclassic)とは、ジーキャッシュ(Zcash)にあるZerocashプロトコルを実装している通貨 であり、既に上場している仮想通貨です。
(ジーキャッシュからのハードフォークコインではありません)

ビットコインプライベートは、当然ジークラシックが持つ「ゼロ知識証明」の匿名性機能を持つ通貨となるため、今までのビットコインには無い機能が備わることになります。

Bitcoin Privateの特徴(公式サイトより抜粋)

プライバシー

ビットコインプライベートは Zclassic と同じ 匿名化技術を使用 します(zk-snarks)。
これが意味するところは、あなたの支払いはブロックチェーン上に公開されますが、送金者、受取人、その他の送金のメタデータは特定できないということです。

非中央集権的運営

ビットコインと同様に、ビットコインプライベートも 中央管理者のいないピアツーピア(P2P)の送金 をサポートします。
これらの送金はネットワークノードにより暗号技術を用いて検証され、台帳に記録・公開されます。

早い送金

ビットコインとは異なり、ビットコインプライベートは緩やかなブロックサイズの増加をサポートします。
この間も、送金スピードを犠牲にすることなく、 既存のビットコインを基にした通貨と比べより匿名性の高い安全な通貨 であり続けます。

オープンソース

ビットコインプライベートの完全なソースコードは公開されており、だれでも検証することができます。
ビットコインプライベートは この先もずっとオープンソース であり、ますます成長するコミュニティにより維持され続けます。

コミュニティが作る通貨

透明性とオープンソースの当然の帰結として、ビットコインプライベートは 世界中のチームメンバーにより開発 されます。
各々の参加者が役割を持ち、その技能に応じた貢献を行います。

公平なスタート

プレマインはありません。開発者報酬もありません。ビットコインプライベートは全ての人に公平であるように開始されます。
通貨は、 BTC保持者、ZCL保持者それぞれに対して、1:1の割合で初期配布 されます。

bitcoin’sとの比較

ビットコインプライベート(BTCP)を手に入れるためには

ビットコイン、もしくはジークラシックを保有

先ほどの特徴項目でも説明したように、ビットコインプライベートを手に入れるためには ビットコイン、もしくはジークラシックのいづれかを保有していれば手に入れることが可能 です。

またビットコインもジークラシックも、どちらも1:1の割合で付与される為、金額が安いジークラシックを多く所有している方が、より多くのビットコインプライベートを手に入れることが出来るとされています。

これは、既にビットコインを10 BTC、ジークラシックを10 ZCL所有していた場合、ハードフォーク後には20 BTCPを手に入れることができるということです。

ちなみに、ジークラシックの価格は、2018年2月14日現在1ZCL=$160前後を推移してます。

ハードフォークが発生するとZCL及びBTC保有物のスナップショットが発生します。ウォレットまたはサポートされている取引所に1:1の比率で入金されます。

例えば「15.4 ZCL」と「0.1 BTC」を保有している場合、合計の15.5 BTCPが付与されます。

ジークラシックはビットトレックスで購入可能
Zclassic(ZCL)はBittrexCoinExchangeCryptpia、などの海外の取引所で購入することができます。

対応しているウォレットについて

ZCLのWindows&Macウォレットはフォーク前に対応する事を保証します。
Electrum-ZCLのβ/α版が公開されています。(本リリースは未定です)

また、CoinomiがZCL及びBTCPをサポートするとの発表がありました。
マルチコインウォレットのCoinomiがZclassic(ZCL)をサポートすると発表しました。
Bitcoin Private(BTCP)も予定しています。サポート開始時期は2~3週間後との事ですので2月中旬~下旬にはもう一度発表があるかもしれないですね。

Binanceとのサポート交渉

この画像のみのツイートですが、これは法的な問題によりチームが取引所のサポートを先行発表出来ない事を示しているのかと思います。(恐らくインサイダーになる)

チームは何かしらのアクションはとっていると意思表示であり、その場合はこの画像を使っていいよ、とBinanceCEOのCZ氏が提供しています。

BinanceはZclassicを取り扱っていませんが、過去にBitcoinのフォーク指針で「バイナンスでは全てのフォークコインに対応する」と言っているので確率は高いとは思いますが…現段階ではなんとも言えません。

仮にBinance(バイナンス)へ上場した場合、価値上昇は大いに期待できることでしょう。

まとめ

12月にもハードフォーク祭りと言われるほどの新しいコインが誕生したビットコインですが、実際に取引所に付与されたのはビットコインゴールドとビットコインダイヤモンドのみ。ローンチまで達しないまま消えていったコインも多数・・・

今回のビットコインプライベートはスナップショットが2月28日予定、実際のフォークとメインネットの開始は2日後の3月2日と決定しているので実現する可能性が高いという見方もできそうですね。

Zclassicを保有してビットコインプライベート(BTCP)の付与を狙う場合は、スナップショット後には付与確定のため不要となったZclassicが大量に売りに出され価格が大暴落する可能性も視野にいれておきましょう。ビットコインプライベート(BTCP)欲しさのためだけだと、スナップショット後の価格が下がる前に手放すことが大切ですね。


また今回のビットコインプライベート(BTCP)が日本の取引所で取り扱われる可能性はかなり低いと思います。

なぜならビットコインプライベート(BTCP)が【匿名通貨】だからです。

コインチェックが金融庁に登録業者として認定されない原因の一つが匿名通貨を取り扱っているからともいわれています。コインチェックでは、モネロのほか、ジーキャッシュ、ダッシュと3つの匿名通貨を扱っています。

匿名通貨は、送り先のアドレスをワンタイムアドレスにしたり、取引時のデータシャッフルなどで、送り手と受け手が誰なのか追跡できなくなる特徴があります。

このような匿名通貨はマネーロンダリングや税金逃れに利用されることが懸念され、とくに税金を徴収したい金融庁としてはこの匿名通貨の取り扱いを見逃すわけにはいかないのです。

この匿名通貨について金融庁は「匿名通貨が絶対にダメだと言っているわけではない。匿名通貨についても取引所なら監視できるとされている。取引を監視するシステムを構築し監視追跡ができればよい」というような発表をしている。しかしこのようなシステムを開発するには相当の時間・費用・高度な技術を必要とするためコインチェック以外の取引所では匿名通貨を取り扱わないのが現状である。

このような理由からビットコインプライベート(BTCP)が日本の取引所で付与される可能性は低いのではないかと判断する。

ビットコインプライベート(BTCP)手に入れたければ、フォークコインを扱う可能性の高いバイナンスにビットコインを法有しておくか、Zclassic取扱いの取引所かウォレットにZclassicを保有しておくのがよいでしょう。

スポンサーリンク
アドセンス 336×280
アドセンス 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス 336×280