ADAコインで重要な「還元システムAVVM」について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADAコインの公開日が2017年2月といわれていましたが

2017年4月現在もまだ延期、公開日未定となっております。

公開日が延期となった大きな要因となったのが

全てのADA交換者がADAコインの【還元システムAVVM】の

ベンディングを行う作業を行っていたからです。

【AVVMには3つの目的】

○交換されたADA Voucherのセキュリティーレベルをあげること

○バウチャーや証明書を紛失してしまった場合に備え、交換者のメールアドレスを認証することによってリカバリープロセスを確保し交換者の保護を強化すること。

○ADA Voucher発行の際にブロックチェーンアカウンティングを導入することによって、カルダノSLに透明性をもたせること。

ベンディングを行った後、AVVMより証明書がメールで届きます。

この証明書にはカルダノSLブロックチェーンのリリース後、ADAを償還するために必要な情報が全て記入されています。

AVVMの機能は、アドレスを生成後ADA Voucherに含まれている残高をアドレスに移行させるのです。このアドレスはADA Voucher証明書に記載されるシードから作成されます。

カルダノSLメインネットワークが開始された際にこれらのアドレスとそれらに含まれる残高は、AVVMブロックチェーンからカルダノSL ジェネシスブロックへとコピーされ利用できるようになるのです。

「全てのADA交換者がペンディングを行うこと」

とんでもなく大変で永遠に終わらないのではないかと私は心配しましたが

なんと3月中に全交換者の手続きが完了したと

アテインコーポレーション社よりアナウンスがありました!

これでADAコイン公開への準備が一つクリアになったということですね。

次はADAコインのウォレットへの償還作業ですね。

ADAコイン市場公開の最新情報は下記LINE@で配信中!
最新情報をGETしたい方は友達追加しておいてくださいね。

仮想通貨入門~最新情報局~

LINE@=https://line.me/R/ti/p/%40ttz7491r

LINE@ 登録QRコード
▽ ▽ ▽

angoutuuka

スポンサーリンク
アドセンス 336×280
アドセンス 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス 336×280